« 12DailyProニュース | トップページ | ノルマ達成 »

2006年1月 2日 (月)

12DailyProニュース

12dailyProの年始の挨拶のようなものです。(訳:kuri様)

「2005年を振り返る、そしてこれからの計画について」

2005年は12dailyにとって驚くべき一年でした。
スタートからこれまでの8ヶ月間を振り返るとともに
2006年これからの12dailyについてお話したいと思います。

メンバーの増加

2005年、12dailyの会員は飛躍的に増加しました。このプログラムを
始めた当初は、オンライン広告を専門に扱う人達をターゲットにしていましたが、
予想を超える反響があり、この8ヶ月で会員数は200,000人を超えました。
いくつも生まれては消えるオートサーフサイトのひとつから、この分野での
トップにまで登りつめることができました。そしてメンバーも努力して
次々と新規の会員を増やし、成功を分かち合うことができました。
12dailyの成長に貢献してくださったすべての人に感謝します。2006年には
さらに大規模で、オフラインでの紹介プログラムも計画しています。

HitsDailypro

GPT(get paid to)業界におけるニーズに的確にお応えするため、
会員だけが利用可能な、優秀な広告企業との橋渡しとして
HitsDailyProを立ち上げました。サイトを立ち上げてから、
広告商品やサービスに対する多くの注文があり、他の広告企業を
超える収入をあげることができました。2006年には、オフラインでの宣伝機会も
増やし、カスタマイズされたウェブページ、販売方法、そして印刷物による
PR広告などさらに内容を拡充させていきます。

収支報告、税申告について

1月15日までに、メンバーエリアにおいて、各会員の2005年中の収支報告書を
ダウンロードできるようにします。
12dailyでは、会員が本プログラムその他商品の販売等で得た収入について、
一切関知いたしましません。収入の報告と、税金の支払いについては、
各国、地域の法律に従って各自の責任で行ってください。
もし不明な点があるようでしたら、ご自身の判断で専門家へご相談されること
をお勧めします。

プログラムの保守

昨年、スタッフが最も苦労したことは、プログラムの不正使用対策です。
これほどまでにプログラムを悪用しようとする人が多いとは
想像していませんでした。こうした不正使用者には断固とした措置をとり、
そのことが、時として会員の反発を招いたこともありましたが、我々の目的は
会員を守るためであったことをご理解ください。2006年には、
これまで不正利用者に目をつけられてきたプログラムの弱点を見直し、
改善していきます。最近も規約を改正するなどしましたが、まだ表面化して
いない違反者がたくさんいます。これまでの経験をもとに、不正使用が
減るようプログラムを見直していきます。もちろんビジネスとして、法的な措置など、
必要な他の手段も検討していくことになるでしょう。これからもプログラムを
守るために努力を続けます。

(注意)
先週より、規約違反にてアカウントを凍結されているメンバーについては、すでに
全員に投資資金の還付を終了しています。(返還分がない場合には、その旨
メールにて通知しています。)
これは最終決定ですので、この件に関してこれ以上のいかなる問い合わせも
受付けません。

Payment Processors

サイトを立ち上げるにあたり、いろいろ研究した結果、他の代表的なサイトで
使用されている支払機関を利用することにしました。しかし、後になって
支払機関を選ぶに当たってはもっと多くのことを検討しなければならないと気づきました。
安全性、信頼性、連絡の取りやすさ、コスト、安定性など、すべてが
重要だと考えます。2006年にはこれらの基準を満たした新たな支払機関を
見つけ、利用可能にしていきたいと考えています。

GPT会議

The LifeClicksのスタッフはGPT界における初の会合となるこのイベントについて、
詳細を固めているところです。ホテルの予約もいっぱいです、すでに申し込みも
予定を超える数が来ており、興奮しています。
オンラインビジネスの初心者から、プロの起業家の方まで、満足してもらえる
ような充実した内容の会合を予定しています。
数週間以内に、参加申し込みをされた方に対して確認のメールを
差し上げます。そのメールからアクセスしていただき、当日参加して
いただくセミナーやパネルディスカッションについて選択いただく予定です。
2006年、このコンベンションによって、GPT業界は、ついに
新たな産業の分野として認知されることになるでしょう。

チャリティー

2005年、12dailyでは恵まれない人々のために様々な事業を行いました。
ハリケーン被災者の救済に向けた募金を呼びかけた際も、
たくさんの賛同をいただきました。20,000ドルを超える寄付金を赤十字に
送り、自然災害の被災者を支援する団体をサポートしました。
さらにクリスマスチャリティーでは10,000ドル以上が集まりました。
2006年にはさらに多くのチャリティーイベントを開催し、支援を必要とし
ている人たちに寄付金を届けたいと思っています。

サービス内容

当プログラムのシステムは、サイトをたちあげる前に、多くの研究を
重ね、当方のビジネスプランに沿うように考えられ、作られました。
昨年もいろいろなことがありました。この業界も大きく変化してきて
います。12dailyをモデルに、それを真似たプログラムも多く生まれています。
他のプログラムが我々に追いつこうとする間にも、我々は進化を続け
常にこの業界のリーダーであり続けるため、これからもシステムの見直し、
改善を続けていきます。強いところは伸ばし、弱点は取り除きます。
2006年、我々はこの業界でさらに進歩を続けます。

サポートシステム

予想を超える会員数の増加は、同時に、サポートが必要なメンバーの
増加を意味します。この数ヶ月間、チケットによるサポート体制の強化や、
電話によるサポートの導入を行い、今後はオンラインでのライブサポート
を実施する計画を進めています。
私たちのゴールのひとつが、こうした優れたメンバーサポート
体制の確立です。急速な会員の増加、第三者からの執拗な攻撃など
もあって、これまでそのゴールにたどり着くことが難しい状況でした。
しかしご安心ください、我々にとってサポートシステムの拡充は
最重要命題であり、これからも優れたサポートを目指して
システムづくりに努力していきます。

ニュース

いつになるかわかりませんが、12dailyネットワークに加わる
第3のサイトを立ち上げる予定です。これまで誰もできなかった
ニーズに応えるものにするべく、2006年に、新しい境地を開きます。
ご期待ください。

常に我々とともにあり、協力いただいている皆さんに感謝。
2006年も、12dailyが一番でありつづけるよう、一緒にがんばって
いきたいと考えています。

Charis 管理人より

|

« 12DailyProニュース | トップページ | ノルマ達成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157664/9497653

この記事へのトラックバック一覧です: 12DailyProニュース:

« 12DailyProニュース | トップページ | ノルマ達成 »